検査の依頼方法
ホーム > 検査の依頼方法 > 分析項目の説明

検査の依頼方法について

上記の検査に関しての、ご依頼の方法や流れをご説明いたします。

検査の依頼方法について
検査の依頼方法と流れについて

お問い合わせ

正確な調査と信頼性の高い分析結果をご提供いたします。調査のご依頼等お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。

TEL:0256-93-4509
お問い合わせフォーム

項目の解説


細菌(微生物)

一般細菌 雑菌の数を表します。塩素消毒により大部分が死滅するため、配・給水における汚染の指標となります。
大腸菌群 大腸菌は、糞便中に多量に存在していることから、し尿汚染の指標となります。

金属

鉄管や工場排水が原因で検出されることがあります。鉄が多量に含まれていると、水が赤くなったり、味が変わったりします。
カドミウム 蓄積性の有害物質で、長期摂取すると慢性中毒として腎機能障害が起こります。
水銀 蛍光灯、乾電池などに使用されています。金属、無機、有機水銀があり、いずれも神経系に影響を与えます。
セレン ガラス製造の添加物や半導体の材料として使用されます。工場排水によって汚染されることがあります。
天然水中には極微量しか存在しないため、工場排水などの汚染の指標となります。
ヒ素 ガラス、染料、農薬などの原料に使われることが多く、肝・腎・脾臓・皮膚などに蓄積されます。母体では胎児に移行する性質があります。
六価クロム 自然界ではほとんど存在しないため、発生源は人為的なものとされます。呼吸器系の障害を引き起こします。
亜鉛 排水の混入や亜鉛メッキの溶出が原因と考えられます。毒性は弱く、白濁したり、味が変わったりします。
自然界に広く分布しています。水に金属味を与えたり、衣類などを青色に着色します。
ナトリウム 地球上のあらゆる所に存在します。多量のナトリウム塩は高血圧症を引き起こします。
マンガン 主な原因は地質によるものがほとんどです。水を黒色にします。

非金属

塩素イオン し尿汚染等の指標となります。海水の影響を受けると値が高くなります。塩素イオン自体には衛生上の害はありません。
硝酸性窒素および亜硝酸性窒素 し尿汚染の指標となります。
多量に含む水を使用したミルクなどを乳児に与えると、ヘモグロビン血症という病気を起こすことが知られています。海岸地帯の井戸水では、硝酸性窒素を多量に含む場合があります。窒素肥料、家庭排水、下水などが原因と考えられます。
アンモニア性窒素 し尿汚染の指標となります。アンモニア性窒素自体は、衛生上無害です。
残留塩素 飲料水、プール水は塩素消毒するため、管理指標となります。(塩素消毒は、大腸菌の大部分に有効です)
シアン 自然界ではほとんど存在せず、メッキ工場の排水などに含まれます。低濃度では、めまい・頭痛、高濃度では、呼吸停止などの症状を引き起こします。
フッ素 斑状歯の原因と考えられている物質です。(斑状歯:歯の表面に白濁した模様が現れる症状)
ほう素 ほう砂として電気メッキ工程の緩衝材、メッキ液として用いられています。

一般性状

臭気
水の臭いを示します。以下のような原因が考えられます。
池、湖:藻類や放線菌の異常繁殖、水源汚染など
地下水:バクテリアの繁殖、下水・汚水・排水の混入など
水道:配管や受水槽の塗装など
水の味を示します。
色度 水の色の程度を示します。鉄やマンガンなどの金属物質による影響が考えられます。
濁度 水の濁りの程度を示します。浮遊物および微生物によって濁り具合が変わります。濁度があると、塩素消毒の効果が減少することがあります。
pH値 酸性かアルカリ性かを示す指標です。飲用には中性(pH7前後)が望ましいとされています。
有機物等
(過マンガン酸カリウム消費量)
水中の汚れ具合(有機物の量)を示します。他の項目と併せて、し尿汚染の指標となります。
カルシウム・マグネシウム等
(硬度)
水の硬さを表します。飲み水としては、適度な硬度が望ましいとされています。
蒸発残留物 水中に溶けているものや、浮遊しているものの合計量を表します。
SS
(浮遊物)
浮遊物質および微生物によって発生します。数値が高いと水が濁り、不透明になります。
BOD
(生物化学的酸素要求量)
有機物による水の汚染度の指標となります。水中の有機物質が、分解するために一定時間内に消費する酸素の量で表します。測定には5日間かかります。
COD
(化学的酸素要求量)
有機物による水の汚染度の指標となります。酸化剤で強制的に酸化する際に、消費される酸素の量を表します。
DO
(溶存酸素)
水に溶けている酸素の量を表します。数値が高いほどきれいな水を表します。
TOC
(総有機炭素)
水中に存在する有機物に含まれる炭素の総量です。COD、BODとともに有機汚濁物質の指標となります。
UV
(紫外線吸光度)
BOD、COD、TOCなどと同様に、水中の有機物量を把握する指標となります。
EC
(電気伝導率)
水に溶けている物質の概量を表します。工場排水などが混入するとすぐに変化します。

揮発性有機塩素化合物

四塩化炭素 フロンの原料や、各種溶剤として使用されています。中枢神経衰弱や、腎・肝臓に影響を及ぼします。
1,2-ジクロロエタン 有機化合物の合成時の溶剤などに使われています。中枢神経抑制と消化器障害で、精神錯乱、めまい、おう吐などの症状が出ます。肝、腎、副腎障害も起こします。
1,1-ジクロロエチレン 食品包装用フィルムや、ラップの原料として用いられています。
ジクロロメタン 各種溶剤として使用されています。
シス-1,2-ジクロロエチレン 各種溶剤として使用され、麻酔作用があります。
テトラクロロエチレン ドライクリーニング洗浄剤として使用されています。
1,1,2-トリクロロエタン 溶剤として使用されています。
トリクロロエチレン ドライクリーニング洗浄剤として使用されています。甘い臭いがあり、嘔吐、腹痛、一時的な意識不明を引き起こします。
ベンゼン 各種製品の合成原料や、溶剤として広く使用されています。中枢神経系の症状を引き起こします。
1,1,1-トリクロロエタン ドライクリーニング洗浄剤として用いられています。

農薬類(有機化合物)

1,3-ジクロロプロペン 畑地の土壌殺虫剤として使用されています。
シマジン 除草剤の一つで、野菜、果樹、芝生などに対して使用されています。
チウラム 土壌処理殺菌剤の一つで、水稲、野菜、果樹、芝生などに対して使用されています。
チオベンカルブ 除草剤の一つです。一年生雑草に有効とされ、水田、芝生、畑地などに散布されています。
有機リン EPNなどの総称で殺虫剤として利用されています。

揮発性有機化合物

クロロホルム トリハロメタン(THM)の1つで、浄水処理過程で生成される消毒副生成物です。
原水では検出されません。
ジブロモクロロメタン
ブロモジクロロメタン
ブロモホルム
総トリハロメタン クロロホルム、ジブロモクロロメタン、ブロモジクロロメタン、ブロモホルムの4物質の総合的を表します。

その他

陰イオン界面活性剤 中性洗剤の中でも、代表的な洗剤です。
フェノール類 不快臭味の原因となる物質です。
PCB トランスやコンデンサーの絶縁油、ノンカーボン紙などに広く用いられて来ましたが、1972年(昭和47年)以降は生産されていません。

ご依頼のご連絡先、FAXの送信先

ご依頼の他、ご相談やお問い合わせも承っております。お気軽にお電話ください。

  • 0256-93-5572
  • 0256-94-0988
  • お問い合わせフォーム
PAGE TOP