検査の依頼方法
ホーム > 検査の依頼方法 > 分析データでよく使われる単位

検査の依頼方法について

上記の検査に関しての、ご依頼の方法や流れをご説明いたします。

検査の依頼方法について
検査の依頼方法と流れについて

お問い合わせ

正確な調査と信頼性の高い分析結果をご提供いたします。調査のご依頼等お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。

TEL:0256-93-4509
お問い合わせフォーム

単位の解説

1.質量の単位

  • 1kg(キログラム)
  • 1g(グラム)=1000分の1キログラム
  • 1mg(ミリグラム)=1000分の1グラム
  • 1μg(マイクログラム)=100万分の1グラム
  • 1ng(ナノグラム)=10億分の1グラム
  • 1pg(ピコグラム)=1兆分の1グラム

2.体積の単位

  • 1L(リットル)
  • 1mL(ミリリットル)=1000分の1リットル

3.濃度の単位

濃度は「重さ/重さ」「体積/体積」のように同じ単位同士での割り算で求められます。
水の分析データなどでは 1kg の水を1リットルと考え、ppmをmg/L(リットル)としています。

  • 1mg/L(ミリグラムパーリットル)
  • 1mg/kg(ミリグラムパーキログラム)
  • 1%(パーセント)=100分の1
  • 1ppm%(ピーピーエム)=100万分の1
  • 1ppb(ピーピービー)=10億分の1
  • 1ppt(ピーピーティー)=1兆分の1

4.pHの表現

pHとは、性質(酸性・アルカリ性)の程度をあらわす単位です。0から14までの数値で表現され、pH7が中性、7より低いと酸性、7より高いとアルカリ性になります。

pH

5.電気伝導率(EC)の単位

電気伝導率は電気の流れやすさの指標で、電気抵抗の逆数です。

  • 1S/m(ジーメンスパーメートル)=10mS/cm(ミリジーメンスパーセンチメートル)
  • 1S/m(ジーメンスパーメートル)=10,000μS/cm(マイクロジーメンスパーセンチメートル)

6.コロニーの単位

CFU(Colony Forming Unit)は雑菌検査の結果に使われる単位で、培地で培養した菌が作る集団(コロニー)の数を表します。例えば「200 CFU/mL 以下」と言った場合は「1 mL 中 200コロニー以下」という意味です。

7.定量下限値

定量下限値とは、ある分析方法で、目的物質の質量が可能な最小値、または濃度のことです。
定量下限値未満と言った場合、定量できるほどの量ではなかったと言う意味で、0(ゼロ)とは意味が異なります。

8.指数表示

3×10-6g(3かける10のマイナス6乗グラム)といった表現を「指数表示」といいます。「0」がたくさん並ぶと書く方も読む方も煩わしく、間違いやすいので指数表示が使われます。「3×10-6g」の場合、3の前に0を6個つけて「0.000003g」となります。
また、10 の代わりに E を使うこともあります。 例えば「5.2E+7mg」は、5.2×10 の 7乗 mg で「52,000,000mg」となります。

ご依頼のご連絡先、FAXの送信先

ご依頼の他、ご相談やお問い合わせも承っております。お気軽にお電話ください。

  • 0256-93-5572
  • 0256-94-0988
  • お問い合わせフォーム
PAGE TOP